TV、テレビ、自転車ときどきキッチン

Team片手業・自転車、キャンプツーリング、Photoエッセイ、旅、キャンプ、お詣り

自転車:日本の旅 16 宮崎、熊本ほか(宇土-清和村-阿蘇)

      

       

       f:id:AkitsuYoshiharu:20150329233923j:plain

       

前日の夕方から雨が降り始め、食事を終えた頃から雷も鳴り出しました。一晩中、光り、地面が震えました。 ボクたちはカサをさしてシャワー室まで行くことができず、午前2時、雷雨がおさまらないことを知るまで、汗と睡魔と闘ったのです。そして、朝。高原には虹がかかっていました。今年最後のテントの夜でした。

 

         

         f:id:AkitsuYoshiharu:20150329233648j:plain

1997.8.19.(wed) 井無田高原キャンプ場(熊本県清和村)キャンプ場に到着した時にはすでに霧雨に包まれていました。利用客はほとんどなく、家族客でしょうかワゴン車が一、二台。管理のおじさんが「今夜は荒れるから、あの小屋を使いなさい」と言ってくれました。小屋に扉は無かったけれど40〜50cmくらいの高さの床があり、そこでテントを張りました。食事を終えた頃から雨脚と雷が激しくなりました。たった数百メートル、天に近づいただけと言うのに、雷は想像を絶するほどに激しくなります。怖くて身動きできませんでした。どうやらあちこちに落ちているようでした。数十メートル先にあるシャワー室まで行くのも命がけ。結局、シャワーに命をかける勇気はありませんでした。
【井無田高原キャンプ場】阿蘇外輪山の南裾野に位置するキャンプ場。松林に囲まれた静かな場所です。また、敷地内には池があり、釣りもできます。バーベキューコンロも持ち込めるので本格的なアウトドア料理も可能です。
営業時間:4月~9月 9:00~17:00 要予約詳しくはお問い合わせ下さい。
所在地:〒861-3832  熊本県上益城郡山都町井無田1382 TEL.0967-82-3210
交通アクセス:(1)九州自動車道御船I.Cから車で(九州自動車道御船ICから国道445号・218号を通って約70分)

http://www.jalan.net/kankou/spt_43446ca3430055486/

 

         

         f:id:AkitsuYoshiharu:20150329233747j:plain

1997.8.19.(wed) 井無田高原キャンプ場(熊本県清和村)キャンプ場にある小屋。雷雨は夜通し続きました。明け方にようやく収まりました。自転車旅行の朝は5時起きです。少しばかりまどろんだところで、あの騒ぎが…。アヒルさんたちが小屋の中で運動会。

 

 

 

         

       f:id:AkitsuYoshiharu:20150329233924j:plain

 

雷雨が去ると急に速く青空が広がりました。まるで飴とムチのようです。ボクはいい日になることを予感していました。思ったとおり何事もなく外輪山の清北峠を超えることができました。そして今まで見ることができなかった阿蘇の山々を見ることができたのです。興奮が必要以上のシャッターを切らせました。そして、下ったいったのです。カーブをいくつか曲がったところでそれを見たのです。道路は半分近くが崩れおち、土砂で埋もれていたのです。

 

 

         f:id:AkitsuYoshiharu:20150329233649j:plain

1997.8.19.(wed) 井無田高原キャンプ場(熊本県清和村)山の天気は変わりやすいと言いますが。朝食の用意をしているまにみるみる空が明るくなりました。すると、体中にエネルギーが蘇ります。こういう時、人間も自然の一部なんだと実感します。

 

         f:id:AkitsuYoshiharu:20150329233749j:plain

前夜が大雨だったこともあり崖崩れが心配でした。その日の難所、清水峠までの道路の状態はさしたる事はなく、峠道を登る事に専念できました。少し、尾根道と思われる平坦な道をゆくと、また少し登りました。そこが頂上でした。そこから、うねった下り道が見え、全身に緊張が走りました。このような峠道は登りよりも下りの方が疲れるし危険だからです。

 

         f:id:AkitsuYoshiharu:20150329233748j:plain

一方、その先に広がる眺望に目をみはりました。右手は白水村でしょうか。光り射す平野に緊張が緩みました。里に下ればおいしい飲み物が口にできます。意を決して、危険な峠道をゆっくりと登りのような速度で下りはじめたのです。

 

         f:id:AkitsuYoshiharu:20150329233750j:plain

若い仲間は先に下っていました。いくつかのカーブを曲がった所からのり子の歩く姿が見えました。「もう、休憩?」と思いました。が、「道がありません!」と彼女は大声でそう言いました。何が起きているのかが理解できるのに少しの時間が必要でした。そして、それに思い至った時、目の前の「崖崩れ」が目に入りました。

 

         f:id:AkitsuYoshiharu:20150329233751j:plain

一瞬、せっかく登って来た道を引き返そうかと思いました。自転車の旅は危険と隣り合わせです。少しぐらい何とかなるといった「惜しみ」が命取りになることを知っています。だから、一日の行程を増やして回り道をしようかと考えたのです。その時、一台のカブ(本田のカブ)を見つけました。近くにおじさんがいました。下から登って来たのだと分かりました。カブが登れるなら自転車だって、と思い。下る事を決めました。そのうち、人の声も聞こえてきました。大声で、道路の状態を確かめると下は大丈夫そうでした。自転車の荷解きをして、バケツリレーのように荷物を一個ずつ、土砂の上を渡して行ったのです。ふり返ると、土砂で道の2/3ほどが削り取られていました。

 

 

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150329233843j:plain

f:id:AkitsuYoshiharu:20150329233844j:plain

       

現在、下記の四つのサイトで Akitsu Blog を公開しています。

 

TV : 新番組、第1話、視聴談など

http://akitsuyoshiharuview.hatenablog.com/

 

昭和の物語 : 『小説 彼方のゆめちゃん』

http://akitsuyoshiharusyosetsu.hatenablog.com/

 

表紙の言葉 : デザイン、出版、社会

http://akitsuyoshiharuhyoushinokotoba.hatenablog.com/

 

自転車 : フォトエッセイ、エッセイなど

http://akitsuyoshiharucyclingtour.hatenablog.com/

 

*それぞれ3日~7日の周期で更新しています。

 

Akitsu Blog の Index です。更新状況が一覧できます。

http://akitsu.hatenablog.com/

 

 

—Akitsu

 

 

MINOURA(ミノウラ) サイクルトレーナー [B60-R] タイヤドライブ式トレーナー

MINOURA(ミノウラ) サイクルトレーナー [B60-R] タイヤドライブ式トレーナー

 

 

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 BASM

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 BASM

 

 

自転車:日本の旅 15 宮崎、熊本ほか(宇土)

      

       f:id:AkitsuYoshiharu:20150320204829j:plain

       

「あとふつかだね」と誰かが言いました。苦しく、楽しかった今年のキャンプ生活もあと2回だけとなりました。「うん」誰もが感慨深く応えるのでした。真っ赤に燃えた、広がったいく夕陽にボクたちの夏の終を思ったのです。

 

 

         f:id:AkitsuYoshiharu:20150320203237j:plain

1997.8.17.(mon)立岡キャンプ場(熊本県宇土市) 夕食が終わった頃、キャンプ場は燃えるような夕陽に包まれた。ひと月のキャンプツーリングを続けていると、「旅の終わり」が切なく感じられます。立岡キャンプ場 住所:宇土市花園町523-2 TEL:0964-22-1119 営業時間:08:30~21:30 店休日:月曜日 月曜日祝日の場合は翌日休み

 

         f:id:AkitsuYoshiharu:20150320204622j:plain

1997.8.17.(mon)立岡キャンプ場(熊本県宇土市) 

 

         f:id:AkitsuYoshiharu:20150320204623j:plain

1997.8.17.(mon)立岡キャンプ場(熊本県宇土市) 

 

 

 

 

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150320204759j:plain

       

       ーAkitsu

現在、下記の四つのサイトで Akitsu Blog を公開しています。

 

TV : 新番組、第1話、視聴談など

http://akitsuyoshiharuview.hatenablog.com/

 

昭和の物語 : 『小説 彼方のゆめちゃん』

http://akitsuyoshiharusyosetsu.hatenablog.com/

 

表紙の言葉 : デザイン、出版、社会

http://akitsuyoshiharuhyoushinokotoba.hatenablog.com/

 

自転車 : フォトエッセイ、エッセイなど

http://akitsuyoshiharucyclingtour.hatenablog.com/

 

*それぞれ3日~7日の周期で更新しています。

 

Akitsu Blog の Index です。更新状況が一覧できます。

http://akitsu.hatenablog.com/

 

 

—Akitsu

 

 

MINOURA(ミノウラ) サイクルトレーナー [B60-R] タイヤドライブ式トレーナー

MINOURA(ミノウラ) サイクルトレーナー [B60-R] タイヤドライブ式トレーナー

 

 

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 BASM

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 BASM

 

 

自転車:日本の旅 14 宮崎、熊本ほか(山鹿-宇土)

 

 

      f:id:AkitsuYoshiharu:20150301202508j:plain

       

昼食を済まし、食堂から出てくるとそれはありました。この夏、そしてついさっきまで、あれほどボクたちを悩まし続けた積乱雲は影を小さくし、スジ雲が広がっていたのです。国道を吹き撫でる、ほこり臭い、焼けただれを風にも時折、秋の気配を感じるのです。

 

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150301200642j:plain

1997.8.17.(mon) ラーメン屋の上に広がる空(R3熊本県富合町付近)

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150301200942j:plain

1997.08.17(mon) 熊本県山鹿市山鹿市の朝。

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150301201137j:plain

1997.08.17(mon) 熊本県玉名郡和水町山鹿市を出発して間もなく菊水町(現熊本県玉名郡和水町)にさしかかるとモアイ像? じつは「江田船山古墳」として有名な史跡でした。観光旅行でも史跡探訪でもないボクたちの自転車の旅には、気にも留めない傍らに「日本最古の本格的記録文書である75文字の銀象嵌(ぎんぞうがん)銘をもつ大刀」などがあったりして、帰ってから「見てくればよかった」などと悔しい思いをすることもしばしば。

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150301201346j:plain

1997.08.17(mon) 熊本市。日本稲荷五社 高橋稲荷神社。ボクたちの旅は名所旧跡を見物する目的はないけれど、土地土地の厳島系神社と天満宮、そして稲荷神社には詣でることにしています。稲荷神社は派手なところが多いけれど、ここは特に派手だった。

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150301201506j:plain

1997.08.17(mon) 熊本市。日本稲荷五社 高橋稲荷神社。こんなところもあり、ホッとします。

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150301201617j:plain

1997.08.16熊本県宇土付近。後になってみれば変哲もない空。ひと月も自転車の旅をしていると、季節の変わり目に寂寥感が…。

 

 

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150301201723j:plain

       

       ーAkitsu

現在、下記の四つのサイトで Akitsu Blog を公開しています。

 

TV : 新番組、第1話、視聴談など

http://akitsuyoshiharuview.hatenablog.com/

 

昭和の物語 : 『小説 彼方のゆめちゃん』

http://akitsuyoshiharusyosetsu.hatenablog.com/

 

表紙の言葉 : デザイン、出版、社会

http://akitsuyoshiharuhyoushinokotoba.hatenablog.com/

 

自転車 : フォトエッセイ、エッセイなど

http://akitsuyoshiharucyclingtour.hatenablog.com/

 

*それぞれ3日~7日の周期で更新しています。

 

Akitsu Blog の Index です。更新状況が一覧できます。

http://akitsu.hatenablog.com/

 

 

—Akitsu

 

 

MINOURA(ミノウラ) サイクルトレーナー [B60-R] タイヤドライブ式トレーナー

MINOURA(ミノウラ) サイクルトレーナー [B60-R] タイヤドライブ式トレーナー

 

 

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 BASM

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 BASM

 

 

自転車:日本の旅 13 宮崎、熊本ほか(阿蘇-山鹿)

                 

        

            

       f:id:AkitsuYoshiharu:20150209224749j:plain

       

もうボクはあきらめました。少し前までは、なんとか楽な道はないか、早く着く方法がないのか、と逃げ道をさぐりながら、うしろ向きに峠を登っていたのです。でも、日本は海に囲まれた山国だと覚ったのです。進むためには峠は登るものだと思ったのです。

 

 

             f:id:AkitsuYoshiharu:20150209224943j:plain

1997.8.15.(sat)  二重ノ峠(熊本県阿蘇町)二重峠(ふたえのとうげ・標高683m)は大津町(おおづまち)から阿蘇市に向かう途中の阿蘇北外輪を越える峠です。この峠は古代から利用されていたと考えられていますが、峠道として本格的に整備されたのは江戸時代になってからで、豊後街道の一部となっています。現在、大津町から小国町へ通じる「ミルクロード」(県道339号線)と阿蘇市菊池市を結ぶ主要地方道23号線が交差する地点が峠となっています。

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150209225029j:plain

1997.8.15.(sat) もう一つの峠へ続く道。豊後街道の菊池郡大津町から阿蘇郡阿蘇町二重峠までの道を清正公道といいます。この日、二つ目の峠を越えました。加藤清正天正16年(1588)に初めて熊本に入国する際この豊後街道を通ったとされ、これにより清正公道の名がつけられました。藩政時代は参勤交代の道として整備され利用されています。

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150209225125j:plain

1997.8.15.(sat) 山鹿市(やまがし)は、熊本県の北部に位置する市。山鹿温泉や山鹿灯籠まつりで知られています。ほんとに何にも無い町だけれど、随分前にネスカフェかなんかで「灯籠踊り」がCMで使われてから一気に有名になり、ひなびた雰囲気のいい祭りだったのが一大イベントに化した。町中が「灯籠踊り」一色です。マンホールの蓋。

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150209225207j:plain

1997.8.15.(sat) チブサン古墳。チブサン古墳は、熊本県山鹿市にある古墳時代6世紀頃に造られた装飾古墳で、全長45mの前方後円墳です。近くにはオブサン古墳、鍋田横穴群、弁慶が穴などがあります。ボランティアの人に案内されて玄室という所まで見学できました。

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150209225257j:plain

1997.8.15.(sat) チブサン古墳。石棺の壁には赤、白、黒の三色で、丸や三角、菱形などの図が描かれていています。二つ並んだ円が女性の乳房に見えることから「チブサン」という名がついたと言われています。写真奥は複製品。手前はお守り役のエディ。

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150209225348j:plain

1997.8.15.(sat) メインストリート沿いに設置された「よへほ節」の碑。
ぬしは山鹿の骨なし灯籠 ヨヘホ ヨヘホ 
骨もなけれど肉もなし ヨヘホ ヨヘホ
洗いすすぎも鼓の湯籠 ヨヘホ ヨヘホ 
山鹿千軒たらいなし ヨヘホ ヨヘホ
心荒瀬の蛍の頃に ヨヘホ ヨヘホ
溶けし想ひの忍び唄 ヨヘホ ヨヘホ
山鹿湯祭り月さえおぼろ ヨヘホ ヨヘホ
花は夜桜袖に散る ヨヘホ ヨヘホ
袖にほんのり湯の花も香る ヨヘホ ヨヘホ
山鹿湯の町 忘らりょうか ヨヘホ ヨヘホ
肥後の小富士を 吹き来る風に ヨヘホ ヨヘホ
立つは浮名と 湯のけむり ヨヘホ ヨヘホ
山鹿灯籠は 夜明かしまつり ヨヘホ ヨヘホ
町は灯の海 人の波  ヨヘホ ヨヘホ
山鹿灯籠祭で歌い踊られるのが「よへほ節」。現在歌われている歌詞は昭和8年(1933)に野口雨情によって改作されたものです。

もの悲しくも典雅な風情の民謡です。

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150209225440j:plain

1997.8.15.(sat) 大宮神社に奉納される灯籠(奉納灯籠)は、各町ごとに灯籠師(とうろうし)に製作を依頼します。完成した奉納灯籠は、8月15日、それぞれ街角に展示し、地元の人々や観客に披露されます。

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150209225608j:plain

1997.8.15.(sat) 古式台灯。山鹿灯籠は「金灯籠(かなとうろう)」から始まり、今では「神殿造り」「座敷造り」「合掌造り」「古式台灯」「矢壷」「鳥篭」など様々な様式のものが作られています。山鹿灯籠を作る時の鉄則は木や金属は一切使わず、和紙と少量の糊だけで作ることで、柱や障子の桟にいたるまで中が空洞だそうです。

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150209225743j:plain

1997.8.15.(sat) 山鹿灯籠まつり(やまがとうろうまつり)は、熊本県山鹿市、山鹿温泉にある大宮神社の祭りであり、その諸行事は毎年8月15日から17日にかけて行われている。民謡「よへほ節」のメロディーにのって、浴衣姿の女性が、金・銀の紙だけで作られた金灯籠(かなとうろう)を頭にのせ、市内を踊り歩く。文字通り「千人」が集まって踊る「千人踊り」は優雅で壮観でした。

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150209230016j:plain

       

       ーAkitsu

現在、下記の四つのサイトで Akitsu Blog を公開しています。

 

TV : 新番組、第1話、視聴談など

http://akitsuyoshiharuview.hatenablog.com/

 

昭和の物語 : 『小説 彼方のゆめちゃん』

http://akitsuyoshiharusyosetsu.hatenablog.com/

 

表紙の言葉 : デザイン、出版、社会

http://akitsuyoshiharuhyoushinokotoba.hatenablog.com/

 

自転車 : フォトエッセイ、エッセイなど

http://akitsuyoshiharucyclingtour.hatenablog.com/

 

*それぞれ3日~7日の周期で更新しています。

 

Akitsu Blog の Index です。更新状況が一覧できます。

http://akitsu.hatenablog.com/

 

 

—Akitsu

 

 

MINOURA(ミノウラ) サイクルトレーナー [B60-R] タイヤドライブ式トレーナー

MINOURA(ミノウラ) サイクルトレーナー [B60-R] タイヤドライブ式トレーナー

 

 

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 BASM

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 BASM

 

 

自転車:日本の旅 12 宮崎、熊本ほか(阿蘇)

                 

        

            f:id:AkitsuYoshiharu:20150127211915j:plain

       

阿蘇一の宮阿蘇神社です。でもボクは北の宮といわれる国造神社が好きです。そして、阿蘇のルーツだと思います。のぶえちゃんが教えてくれた、国造神社へ一直線に伸びる道を走っていると、時を遡り、五世紀初めの日本にいくような錯覚に襲われたのです。

       

         f:id:AkitsuYoshiharu:20150127212048j:plain

1997.8.14thu)遡る道。山裾の国造神社へ向かう、一直線の農道は参道にも見えた。(熊本県一の宮町

 

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150127212313j:plain

1997.8.14thu)らくだ山公園から根子(猫)岳を望む。根子岳(ねこだけ)は、熊本県阿蘇郡高森町にある山である。阿蘇五岳(あそごがく・阿蘇山)のひとつ。阿蘇山はひとつの山を言うのではなく、高岳、中岳、根子岳烏帽子岳(えぼしだけ)杵島岳(きしまだけ)の五山の総称です。その中の根子岳は神様が怒ったために山容がギザギザになったという伝説があります。そのギザギザが猫の形に似ていたから根子岳と名付けられたそうです。

             f:id:AkitsuYoshiharu:20150127212410j:plain

1997.8.14thu阿蘇神社熊本県阿蘇市にある神社。肥後国一宮。阿蘇神社の大楼門。日本三大楼門の一つです。十二脚唐門様式で俗に二層楼山門式といいます。楼門には有栖川親王の御染筆になる大額が架けられています。

 

 f:id:AkitsuYoshiharu:20150127212543j:plain

1997.8.14thu阿蘇神社拝殿。

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150127212642j:plain

1997.8.14thu国造神社(こくぞうじんじゃ または くにのみやつこじんじゃ)参道。国造神社は、熊本県阿蘇市一の宮町手野に鎮座する神社。阿蘇神社の北方に鎮座するため、北宮と称されいる。肥後国四座のうちの一座で、熊本県内において、最も古い神社の一社。であるから、こここそ阿蘇一の宮だとする説もある。阿蘇には神々の戦いが垣間見えた。

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150127212722j:plain

1997.8.14thu国造神社(こくぞうじんじゃ または くにのみやつこじんじゃ)参道と拝殿。

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150127212835j:plain

1997.8.14thu国造神社。真夏だったが 清涼で静謐な霊気に満たされた境内。光は神の降臨にも似ていた。古代からのパワースポット。猥雑な町方にある阿蘇神社とは、備わった自然の力の違いが伝わってくる。

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150127211715j:plain

 

       

       ーAkitsu

現在、下記の四つのサイトで Akitsu Blog を公開しています。

 

TV : 新番組、第1話、視聴談など

http://akitsuyoshiharuview.hatenablog.com/

 

昭和の物語 : 『小説 彼方のゆめちゃん』

http://akitsuyoshiharusyosetsu.hatenablog.com/

 

表紙の言葉 : デザイン、出版、社会

http://akitsuyoshiharuhyoushinokotoba.hatenablog.com/

 

自転車 : フォトエッセイ、エッセイなど

http://akitsuyoshiharucyclingtour.hatenablog.com/

 

*それぞれ3日~7日の周期で更新しています。

 

Akitsu Blog の Index です。更新状況が一覧できます。

http://akitsu.hatenablog.com/

 

 

—Akitsu

 

 

MINOURA(ミノウラ) サイクルトレーナー [B60-R] タイヤドライブ式トレーナー

MINOURA(ミノウラ) サイクルトレーナー [B60-R] タイヤドライブ式トレーナー

 

 

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 BASM

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 BASM

 

 

自転車:日本の旅 11 宮崎、熊本ほか(高千穂-阿蘇)

                 

        f:id:AkitsuYoshiharu:20150118230327j:plain

       

自転車でトンネルの中を走るのは一番恐いです。だからいつもは

押してくぐります。でも、この日のトンネルは短く、車も少なかったので乗ってくぐりました。トンネルはほぼ山の頂上ちかくにあります。たった50メートルほどですが、トンネルの闇を通らないと、あちらの世界から、こちらの世界へ 来ることはできないのです。

 

        

       f:id:AkitsuYoshiharu:20150118224335j:plain

1997.8.11. (tue)  R325を高千穂から高森へ向かう途上。県境あたりの名もないトンネル。

        

       f:id:AkitsuYoshiharu:20150118224421j:plain

1997.8.11. (tue)  R325の高森峠付近。このあたりはトンネルが多い。雨脚が強くなったのでトンネル内で雨宿り。

        

       f:id:AkitsuYoshiharu:20150118224450j:plain

1997.8.11. (tue)  阿蘇下田城温泉駅。駅に銭湯があるのはよく見かけるが、温泉に駅があった。

        

       f:id:AkitsuYoshiharu:20150118224525j:plain

1997.8.11. (tue)  阿蘇に登る県道。湯の谷温泉まで5km地点で、雨に代わって霧が立ちこめ始め、すぐに視界5mくらいになり、急坂でもあるので自転車を押して登る。

        

       f:id:AkitsuYoshiharu:20150118224603j:plain

1997.8.12(wed)熊本城天守閣。黒板の壁は一説に、黒っぽいのは関ヶ原の大阪方で、白っぽいのが関東方だと言われている。

 

       f:id:AkitsuYoshiharu:20150118224633j:plain

1997.8.12wed)熊本城の不思議な石組み。「地図石」と呼ばれている。この箱形の石組みは、古くから地図石と呼ばれてきた。ここの石組みは城の他の部分とは全く異なり、切り石の組み合わせで美しく構成されている。そのため、その謎を解こうとして先人たちが色々と苦心し、日本地図、熊本城下町図、熊本城平面図を表現したものなど諸説を出したが、旧藩時代の絵図には「御待合口」との付箋がついたものがあり、今日では数寄屋丸二階御広間への参入口の装飾であったと考えられている。

 

       f:id:AkitsuYoshiharu:20150118225702j:plain

1997.8.12wed阿蘇の中腹(標高850mほどの所)にある阿蘇観光ホテル(現在は閉鎖されている)のキャンプ場。椎葉入り口の飯干峠で苔に滑ってけがをしたしげちゃんは検査のために電車で移動。ホテルのキャンプ場で合流。雨の合間に射す陽光に洗い物を干す。左手奥に見える小屋は「温泉」。ボクたちは、「のぶえちゃん(ホテルで働く友人)のおかげで」ホテル内の温泉を使わせてもらえた。

       

       ーAkitsu

現在、下記の四つのサイトで Akitsu Blog を公開しています。

 

TV : 新番組、第1話、視聴談など

http://akitsuyoshiharuview.hatenablog.com/

 

昭和の物語 : 『小説 彼方のゆめちゃん』

http://akitsuyoshiharusyosetsu.hatenablog.com/

 

表紙の言葉 : デザイン、出版、社会

http://akitsuyoshiharuhyoushinokotoba.hatenablog.com/

 

自転車 : フォトエッセイ、エッセイなど

http://akitsuyoshiharucyclingtour.hatenablog.com/

 

*それぞれ3日~7日の周期で更新しています。

 

Akitsu Blog の Index です。更新状況が一覧できます。

http://akitsu.hatenablog.com/

 

 

—Akitsu

 

 

MINOURA(ミノウラ) サイクルトレーナー [B60-R] タイヤドライブ式トレーナー

MINOURA(ミノウラ) サイクルトレーナー [B60-R] タイヤドライブ式トレーナー

 

 

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 BASM

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 BASM

 

 

自転車:日本の旅 10 宮崎、熊本ほか(蘇陽町-高千穂-日之影)

      

       

      f:id:AkitsuYoshiharu:20150113213500j:plain

       

しげちゃんはケガをしたのでバスで熊本に行きました。

高千穂峡の音の谷キャンプ場には2人と1匹で泊まりました。

昨日は雨に崇られた一日だったので高千穂峡見物ができなくて残念です。

出発の朝、久しぶりに光が射しました。

その日は長い距離を走り、

峠をいくつも越えなけばいけないのです。

すこしばかり弱気になっていたボクを元気にしてくれたのです。

 

        f:id:AkitsuYoshiharu:20150113221358j:plain

1997.8.10.(mon) 高千穂峡谷・音の谷キャンプ場(宮崎県高千穂町)幹線道路から杣道に入り、谷底までくだった。対岸にキャンプ場があった。架かっている橋は歩道橋のように階段式。荷解きをして、手提げで渡った。

 

        f:id:AkitsuYoshiharu:20150113213814j:plain

1997.8.10(mon)宮崎県の山は美しく手入れされていた。山あいを、まるでハイウェイのように国道が貫く。R218を馬見原から高千穂へ。

 

        f:id:AkitsuYoshiharu:20150113213923j:plain

1997.8.10(mon)高千穂神社前。地方ではどんなに小さな村でも「ビューティサロン(理容室)」が数軒ある。大抵は廃業に。

 

        f:id:AkitsuYoshiharu:20150113214203j:plain

1997.8.10(mon)高千穂神社。まだ午後も早い時間なのに、厚くたれ込めた雨雲のせいで、境内には灯明がともっていた。

 

        f:id:AkitsuYoshiharu:20150113214255j:plain

1997.8.11(tue)さすが宮崎。天孫降臨の地。田んぼの苗や畑が美しい。

 

        

f:id:AkitsuYoshiharu:20150113214519j:plain

 

          f:id:AkitsuYoshiharu:20150113214520j:plain

 

 


現在、下記の四つのサイトで Akitsu Blog を公開しています。

 

TV : 新番組、第1話、視聴談など

http://akitsuyoshiharuview.hatenablog.com/

 

昭和の物語 : 『小説 彼方のゆめちゃん』

http://akitsuyoshiharusyosetsu.hatenablog.com/

 

表紙の言葉 : デザイン、出版、社会

http://akitsuyoshiharuhyoushinokotoba.hatenablog.com/

 

自転車 : フォトエッセイ、エッセイなど

http://akitsuyoshiharucyclingtour.hatenablog.com/

 

*それぞれ3日~7日の周期で更新しています。

 

Akitsu Blog の Index です。更新状況が一覧できます。

http://akitsu.hatenablog.com/

 

 

—Akitsu

 

 

 

 

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 BASM

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 BASM

 

 

自転車:日本の旅 09 宮崎、熊本ほか(西米良-上椎葉)

      

       f:id:AkitsuYoshiharu:20150102205457j:plain

       

児原(こばる・稲荷神社)くんはぜいたくです。

美しい一ツ瀬ダムの湖を眼下にし、

ひとり高い所にいるからです。

さらに、麓の国道から彼の所へは、

彼のためだけに村道までつくられているのです。

ボクたちは勾配のきつい坂を2〜3キロ登りました。時々、腹が立つほどでした。

でも、登り切ったところでは、みずみずしいあじさいの花とさわやかな竹林が迎えてくれたのです。

児原くんはえらいです。

 

        f:id:AkitsuYoshiharu:20150102205731j:plain

1997.8.4.mon)児原稲荷神社入口の竹林とあじさい(宮崎県西米良村

 

        f:id:AkitsuYoshiharu:20150102215354j:plain

1997.8.4.mon)児原稲荷神社への階段と鳥居(宮崎県西米良村

 

        f:id:AkitsuYoshiharu:20150102215844j:plain

1997.8.5.tue)九州中央山地l国定公園内、R265の行く手に滝が

 

        f:id:AkitsuYoshiharu:20150102221327j:plain

1997.8.5.(tue)二度目の椎葉村。かつての平家の落ち武者部落は、雨が降り続き、水蒸気に包まれていた。この村には「那須」「椎葉」姓の方がたくさんいらっしゃいます。(宮崎県椎葉村 

 

 

        f:id:AkitsuYoshiharu:20150102221626j:plain

1997.8.6.(wed)那須大八郎と鶴富姫の悲恋の舞台となった鶴富屋敷です。大きく太い材料を使用した椎葉独特の型式で建てられています。その建設技術からおよそ300年前の建物だと推察されています。

 

        f:id:AkitsuYoshiharu:20150102222430j:plain

1997.8.6.wed那須大八郎が勧請した、平家の守護神、厳島神社安芸の宮島祭神)。海の神様が、九州山地の山奥の里に。

 

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20150102205000j:plain

 


現在、下記の四つのサイトで Akitsu Blog を公開しています。

 

TV : 新番組、第1話、視聴談など

http://akitsuyoshiharuview.hatenablog.com/

 

昭和の物語 : 『小説 彼方のゆめちゃん』

http://akitsuyoshiharusyosetsu.hatenablog.com/

 

表紙の言葉 : デザイン、出版、社会

http://akitsuyoshiharuhyoushinokotoba.hatenablog.com/

 

自転車 : フォトエッセイ、エッセイなど

http://akitsuyoshiharucyclingtour.hatenablog.com/

 

*それぞれ3日~7日の周期で更新しています。

 

Akitsu Blog の Index です。更新状況が一覧できます。

http://akitsu.hatenablog.com/

 

 

—Akitsu

 

 

 

 

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 BASM

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 BASM

 

 

自転車:日本の旅 08 宮崎、熊本ほか(佐土原-西米良)

      f:id:AkitsuYoshiharu:20141225233622j:plain

       

宮崎で文明の恩恵に預ったのも束の間、

椎葉と並び秘境といわれる西粮村に向かいました。

西都を過ぎると間もなく杉安峡です。

数日前まで闘っていた峠や坂が思い出されました。

山と分かれて生活したのはたった数日だったのに、

川が澄み山々が迫ってくると興奮で息苦しくなりました。

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20141225233913j:plain

1997.8.4.(mon)杉安峡の一ッ瀬川(宮崎県西都市)杉安峡は、宮崎県西都市を流れる一ツ瀬川にある景勝地。 

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20141225235127j:plain

 

f:id:AkitsuYoshiharu:20141226000548j:plain

 


現在、下記の四つのサイトで Akitsu Blog を公開しています。

 

TV : 新番組、第1話、視聴談など

http://akitsuyoshiharuview.hatenablog.com/

 

昭和の物語 : 『小説 彼方のゆめちゃん』

http://akitsuyoshiharusyosetsu.hatenablog.com/

 

表紙の言葉 : デザイン、出版、社会

http://akitsuyoshiharuhyoushinokotoba.hatenablog.com/

 

自転車 : フォトエッセイ、エッセイなど

http://akitsuyoshiharucyclingtour.hatenablog.com/

 

*それぞれ3日~7日の周期で更新しています。

 

Akitsu Blog の Index です。更新状況が一覧できます。

http://akitsu.hatenablog.com/

 

 

—Akitsu

 

 

 

 

 

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 BASM

モンベル(mont-bell) スパイラルホロウバッグ#3 バルサム BASM [最低使用温度-10度] 1121152 BASM